どこにでもある初心者向けの外国為替証拠金取引の雑誌では、「差損が生じた場面ではナンピンを入れることによって、ポジションのコストをコントロールする」等助言されていたりする事もありますが、そこには大きな隠れたリスクが隠れています。まず最初に、ナンピン買いの手法について易しく記述しておきます。仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。ドル買いなので円安ドル高に動くほど黒字が大きくなるわけですが、1ドル=95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。このままの場合保持し続けたとしたら利益がでるためには損失分、ドル高に動く必要があります。投資家であれば、損は出来るだけ早く回復したいと願います。このためはじめに注文したのと同じ量の$(ドル)を95円で売買します。そうすると、平均の単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。要するに、2.50円の幅でドル高が進行すれば損を回復する事ができます。それが、ナンピン買いのやり方です。こういうふうに、ナンピン買いの方法を目にすると「ごもっとも」という考えになるが為替はそう容易には思い通りにはいきません。初めから、1ドル95円が下限だとということなど想像できません。例として、外国為替市場が強いドル安トレンドだとすれば1ドル=95円では止まることなく更に一段の円高に向う可能性は高いです。一例として、97.50円でナンピンをした場合に95円まで円高ドル安が進んだら、ナンピン買いしたポジションにも赤字が生じることになってしまうのである。それでは、最初に買ったドルと同時にダブルで損が生まれます。それほど、ナンピンは難しいのだ。それでは、外国為替市場がストーリー展開とは別の方向にみるみる進む場合どのような術で危険をコントロールすればいいのでしょうか。こういう場合には選択できる術は多くはありません。最初のひとつは潔く、損切りをする事です。別の方法としては自分自身が保有している買いポジションを少なくする事によって、もう一度マーケットが戻るのをひたすら待つことだけです。少し控えめな手段だと感じる方もいるkもしれません。だけど、自分が所有している買いポジションに損失が生じた場合、一番効果のある対策はこの2つ以外にはありえません。確かに、理論上はナンピン買いをする術もありえます。しかしナンピン買いは、自身が損をしているにもかかわらずポジションを整理するどころか反対にポジションを重ねていく方法です。この対策では、危険性を制御することなど、とても不可能だと思ったほうがいいです。ナンピン買いをしていけばその内損を取り返せるかもしれません。でも、それより先にお金が無くなってしまいます。