クレジットカードを無効化する際の手続きそのものは呆気にとられるほど取っ付きやすいことに違いありませんが、契約失効する場合気をつけたいいくつかの留意点に関しても頭の隅に入れてしまえば、クレカの契約解除申請を上手に行うことが確実になるに違いありません。気をつけるべきことをしてみたのでご一読して頂ければ、と思います。カード加入手続きを終えた後さしたる事情もなくすぐに試用不可能化を実行するのは非推奨〉クレカ加入手続きしたすぐ後いきなり当のクレカを機能停止した場合、要注意人物という風に取り扱い会社の内部でラベリングされてしまうありがたくない出来事がないとも限りません(例外的に立て続けに発行⇒解約などという作業を繰り返したというとき)。よくあるのは入会プレゼントを狙ったとき、商品券または限定特典というような契約時のサービスの全てを味わい尽くしたということですぐに契約破棄の電話をしたいと思うようになってしまう考えも納得できますけれどもクレジット会社サイドの論理より検討してみればそういった利用者においては自分の会社の提供するクレジットカードを自分勝手に使用されて余計なコストを増やしたくないという具合に考えるのは当たり前のことです。それゆえ、申請時の優待券だけを目当てにクレカをを作成した場合でも、間髪入れず失効しないでまずは6ヶ月、より安全を期すならば365日の間は所持しているクレカ自体を有効にしてその後解約することをお薦めしたいと思います。他には作成時のプレゼントということのみに限ったことではなく何となく手続きをしてみたけれども使用する機会がないから・・・という状況最低でも180日以上は財布の中のクレジットを所持して下さい。クレジットを受け取るの考えている以上にクレカを新規に用意するときの経費や手間は避けられないものだと割り切って、ほんの気持ち程度の手間を減らしてあげよう・・・というふうに思いやってもらえるのならクレジット会社も助かると考えれます