為替介入(外国為替市場介入)というものをご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞記事、インターネットなどの報道で見かけた方も多いと思います。seフリーランス収入

元から為替介入(外国為替市場介入)というものは日本の場合、財務大臣が為替の相場の安定を実現させるために実行する方法と位置づけられています。

簡単に言えば、極端な円高や円安が起きると財務大臣のお達しをもとに中央銀行(日本銀行)円の取引をして為替のレートの安定化を狙う、ことを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつか方法があるのです。

1.単独介入・・・政府・中央銀行(日本銀行)が、東京での市場の中で自ら市場に加わり為替の介入をする。

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが相談のうえ各々の銀行などがお金を駆使して同時期にないし時々外国為替平衡操作(為替介入)して行く。

3.委託介入・・・他国の通貨当局に為替介入を委任する。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外銀行などに成り代わって為替介入(外国為替市場介入)をする。

こういった種類があるのです。

いずれの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も短期に、引き続き為替の市場にとても効果を与えるでしょう。

外国為替平衡操作(為替介入)の資金は当然のことですが国家のプライドをかけているだけに桁外れです。

円を基本にしてみると、いつもは数銭ずつ動いている円相場が突然数円ずつの変化をします。

個人の投資家の人であれば一回は経験したことがあると考えますがこれまでは期待通りに利益(あるいは含み損)が増えている保有高を持ち続けていたところに、保持している持ち高が決済したとの連絡がFX業者よりメールが来ました。

どの程度儲けが出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済された状況を見たところ、自分が期待していた事とは逆の結果になっていて驚いたといったケースがありました。

為替介入が行なわれた場合に多く聞いた話です。

以上のように為替介入が実施されることで市場の流れと逆の変化をします。

変化する金の大きさはかなり大きく変化するため注意しましょう。

インフォメーション