自己破産を検討する人で自分の返済義務にあたり保証人となる人物がいるときにはきちんと相談をしておくべきでしょう。http://tintin-movie.jp/

もう一度、改めて言いますが、借金に保証人がいるときは、自己破産以前にちょっと検討するべきです。

つまりはあなたが破産手続きを取って受理されると保証人となる人がみなさんの借り入れを全部負う必要が生じるからです。

ということから、破産前に保証人に至った経緯とか今の状態を報告し、謝罪をしなければならないでしょう。

保証人となる人からすると当然必要なことです。

みなさんが破産の申告をすることによって急に数百万ものローンが発生することになるのですから。

それで、以後の保証する立場の人の考慮する方法は次に示す4つです。

1点目ですが、保証人が「全額弁済する」ことです。

あなたの保証人が何百万もの借金をポンと返済できるぐらいのカネを用意していればこの方法を取ることが可能でしょう。

しかしながら自分は破産手続きせずに保証人となる人に立て替えをお願いして、自身は保証人となる人に毎月返すという形も取れると思います。

保証してくれる人が良いパートナーであるのならいくらかは返済期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

また合わせて弁済不可能な場合でも、金融業者も話し合いにより分割による支払いに応じる場合も多いです。

保証人にも破産手続き行われると貸金が一銭も返ってこないリスクを負うからです。

もし保証人が保証した債務を全額支払う経済力がなければ借金した同じくどれかの借金の整理を選ばなくてはなりません。

2つめは「任意整理」によって処理することです。

貸方と示談する方法によって5年ほどのあいだで弁済する形になります。

実際に弁護士にお願いする際の費用は1社ごとにだいたい4万円。

全部で7社から負債があるとしたらおよそ28万円かかることになります。

必要な債権者側との示談は自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが、経験や知識がない素人だと債権者が確実に有利な内容を押してくるので気を付けた方がいいでしょう。

いずれにしても、任意整理で処理する場合は借り入れを払ってもらうことになるわけですから、少しずつでもその人に返済していくべきです。

次の3つめはその保証人も破産した人といっしょに「破産手続きをする」場合です。

債権者とともに自己破産を申し立てれば、保証人である人の義務もなくなります。

ですが、保証人である人が土地建物等を持っている場合は所有する個人資産を取り上げられますし、司法書士等の仕事をしている場合は影響を受けてしまいます。

そういった場合は、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

最後に4つめの手段は、「個人再生という制度を使う」ことができます。

マンション等の不動産を処分せずに債務整理をする場合や、破産宣告では資格制限がある職に従事している方に有効なのが個人再生という制度です。

この方法の場合自宅は残せますし、破産手続きのような職種の制限、資格に影響する制限がかかりません。

インフォメーション