始めに、破産を手続きするまでの間は人へ対する電話によった借金徴収と、住んでいる家への直接訪問によった収集は違法とはならないと考えられます。さらに、自己破産申請の事務手続きに入ったのち申し込みまでに無駄な時間がかかった場合には債権保持人は強引な集金をする確率が増えます。債権者サイドからすると借金の返済もされないまま、さらに破産などの公的な作業もなされないといった状態だと会社内部での完了処理をなすことができないのです。そして、債権保持人の中には専門家に連絡していないとわかったなら、非常に強行な返済要求行為を繰り返す債権人も存在しています。司法書士法人および弁護士の方にアドバイスを求めた際には、債権保持者は依頼者に対する直接取り立てをやることが不可能となります。相談を理解した司法書士法人それか弁護士の担当者は要請を受けたと記した手紙を各取り立て業者に配達することになり、各権利者がその書類をもらったときから被害者は取立人による強行な収金から自由になることになります。ここで、業者が職場や親の自宅へ行っての徴集は法のガイドラインで禁止となっています。金貸しとして登録が確認できる業者ならば会社や親の家へ訪れての取り立てが法に違反するのを認知しているので違法だと伝えてしまえば、そういう類の集金を続行することはないと思います。破産の手続き後は申請者に向けての収金を含めて、全種類の集金行為は不許可になります。ゆえに、債権者からの返済請求がすっかり音沙汰なくなるということになります。しかし、ときどき違反と知っているのに連絡してくる取立人もないとは断定できません。貸金業の登録されている会社であれば、自己破産に関する申請後の徴集行為が貸金に関する法律の条項に反するのを気づいているので、違反であると伝達してしまえば、そういう類の収金を維持することはないと言っていいでしょう。とはいえ闇金融という俗称の不許可の企業に関しては常識外で強行な収金による被害が無くならない状況です。違法金融が債権者の中に存在しているケースでは弁護士の会や司法書士法人などの専門家に救いを求めるといいと思います。