簡単に言えば、任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲では補えない補償をしてもらえる重要なより充実した保険です。これは任意保険のポイントは自賠責保険の上級保険として役に立つものですので、自動車損害賠償責任保険の支払い限度額を上回った際に役立ちます。さらに自賠責保険には物に対する損害に関しては保証されていないので、そこまでカバーする時には入っておくことをお勧めします。現段階で任意保険を払っている自動車を手放す時は、日本の自動車やドイツ車というようなことは例外なく、残金が戻ってきます。これは国産車を売る場合でも同じことが言えます。自賠責保険の場合、通常入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合は皆が加入する保険ではありませんから契約解除になります。また任意保険を解約をすれば今現在 支払い済みの残金が返ってくるのです。中古車取引が決定したとしてもすぐに任意保険を中途解約するのは危険です。当然、できるだけ早く解約するとそれだけ返ってくるお金は上がりますが、もし車店舗が遠くにあり自分で運んで行くような際は任意保険に入っていない状態で車の運転をする必要があります。緊急事態を考慮してもう自分で車の運転をしないと言い切れるまで任意保険の解除はすることのないようにしてください。車を買い取ってもらって、すぐ新たな自動車に乗り換えるのだったら良いと思いますが仮にずっと車に乗らない状況が続き保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険未加入の時間が存在すると以前加入していた時の等級が下がるので保険料の額が増えることがあります。このようなケースは「中断証明書」というものを提示してもらうようにしましょう。この「中断証明書」があることで最長で10年は契約解除前の等級を引き継いで加入することができます。それから、13ヶ月以内ならば出してもらうことが可能ですのでもしも今現在でクルマを手放していて「中断証明書」を提示してもらっていない場合は、代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。新しく車を購入することになって、購入したあとで前に保有していた車を引き取りしてもらう場合は任意保険はどちらか一方のみの契約になります。保険の切り替えということですから、運転する必要がある所有車であれば処分までには注意しなければなりません。また、任意保険の保険料は車種で料金が少し異なりますから、中古車売却のさいは任意保険を振り返る好機になるでしょう。